大阪で社員旅行のある求人を探す

社員旅行は4泊5日以内であり、全社員の50%以上が参加していれば、その費用の全額が福利厚生費として損金算入されます。

1人あたりの費用は法律には明記されていませんが、おおむね10万円以内とされています。

これ以上の豪華な旅行になると、交際費または現物給与となり、余計な税金がかかります。

そこで各企業では、上の条件を満たす範囲内で旅行を計画することがほとんどです。

大阪発だと、関東なら伊豆・箱根、中部なら下呂・草津、北陸なら芦原・山中、近畿なら城崎・白浜、四国なら道後・琴平といった温泉地がひとつの定番です。

一泊して宴会を開き、社員同士の親睦を深めるという目的に適っているためでしょう。

予算は過度な負担にならないよう、できるだけ抑えるのが普通ですが、中には年1回の海外旅行を約束している企業もあります。

これで業績の好調さをアピールしているとも言えます。

転職サイトで検索すれば、そのような求人も見つかるので、ひとつの目安にすると良いでしょう。